1. HOME>
  2. 会社案内>
  3. ご挨拶・経営理念・沿革

会社案内

~Company Profile~

ご挨拶

「居心地のよい環境づくりを目指して」

当社は1962年に創業し建物の清掃管理を行う企業としてスタートしました。
以来、ビルや施設などの建物の設備や保安警備、営繕管理などのビルメンテナンス業務を核に事業を展開してきました。
これも長年お客様や社員をはじめ多くの方々に支えられてきた賜物と心より感謝申し上げます。

時代の変化は早く、創業以来、お客様のニーズは様々変化して参りました。
あらゆるニーズに対応できるように柔軟に行動することが求められてきます。

こうしたなか、最適なサービスを提供するため、現在まで培ってきたものを基盤に更なる技術向上・ノウハウを習得し、より良いサービスや価値をご提案できるよう取り組むことが私たちの役割です。
個々のスキルアップはもちろん、会社としての変革が必要な場面も多々出てきます。
当社経営理念にある、「固定観念にとらわれず、自由な発想と姿勢をもって」行動し、より良い「サービスを」「価値を」ご提供できるように、そしてお客様に「満足」していただけるように取り組んで参ります。
今後もより良い居住空間を創りあげていくよう社員一同「挑戦」して参ります。

 

代表取締役社長

藤原 忠和

 
 

社訓

 
 

経営理念

私たちは固定観念にとらわれず、自由な発想と姿勢をもって、人と自然を意識した会社の方向性を「ケア・アンド・アシスト」と称し、社員一人一人の協調と調和の精神をもって社業を繁栄させ社会に貢献する

「ケア・アンド・アシスト」

人が造り出したビルなどの建築物は時代と共に様相を変え、生活の基盤である住居や職場で過ごすうえでの「核」として日々成長を続けています。
こうした建物で生活したり、働く人たちに、居住するにふさわしい環境を提供するなど、建物はいつも機能しています。
さまざまな目的をもって造られたビル・施設・住居等の建築物は、その目的に合った維持・運営が極めて重要なことは、ビル・施設等の経営者やオーナー、維持管理の企業にとって十分に把握していなければならないことです。
当社の役割は、建築物の設備に対する運転管理・維持保全の業務と建築物の利用者に対する快適性や利便性などの環境管理の業務とに分けることができます。
こうした建築物の機能を十分に引き出し、ビルなどの建築物の利用者の(生命・健康)を「ケア(Care)」すると共に、建築物という財産を保全すること(資産)を「アシスト(Assist)」するという二つの目標を掲げ「人と居住空間」をテーマに、居住空間としての建築物により長い「生命」を与え、やすらぎと生活環境へのやさしさを配慮した新しい時代にふさわしいあり方を常に考え求めてまいります。

 
 

会社沿革

1962年 大分ビル管理株式会社創業(大分市大字生石)
1973年 警備業登録(大分県公安委員会 認定証第3号)
1974年 大分市府内町に移転
1979年 大分市都町に移転
1980年 大分営業所開設(大分市中春日町)
1982年 「建築物環境衛生一般管理業」および「建築物飲料水貯水槽清掃業」の知事登録
1982年 「建築物ねずみこん虫等防除業」の知事登録
1983年 電算機導入による業務開始
1988年 給水用防錆剤販売登録
1994年 院内清掃業務認定
1998年 一般廃棄物収集運搬業の業務開始
2006年 「建築物排水管清掃業」の知事登録
ビル管理法改正による「総合管理業」への切り替え登録
2012年 創業50周年
2017年 「登録電気工事業者」の知事登録